ドライブレコーダーは事故原因の動かぬ証拠

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

工場ごとの車検料の違い

整備

車を所有している上で必ず必要となる車検は、車種によって最終的な値段に大きな違いがでます。軽自動車であれば約3万円から4万円程度で通すことができますが、普通車の場合には約8万円から10万円ほどの値段になります。車検は通す方法によって通常の値段よりも安く通すことが可能です。一般的に車検といえば、近くの横浜の工場へ預けて車検を通してもらうという方が多いですが、平日に取れる方であればユーザー車検という自分で車検を通す方法を取れば、通常よりも数万円も安くなることもあります。ユーザー車検とは文字通り全て自分で車検のラインを通す方法です。自分で通すため予め万全の準備を整えておくことが必要となりますが、車検の必要項目さえ分かっておけばほとんど問題なく通すことができます。ユーザー車検でかかってくる料金は法定費用のみです。法定費用とは、自動車重量税、自賠責保険料、印紙代のことです。これらの料金は法律によって決められている価格なので、各工場による違いはありません。
車検を依頼する際の料金の違いは、横浜の各工場ごとに独自で設定している車検基本料があるためです。ユーザー車検の場合は、横浜の陸運局のラインを全て自分で通していくため、工場などに依頼した際の余分な人件費や点検費といったものが発生しないために安く通すことができるのです。しかし、平日に時間を取るのが難しいという方は少なくないでしょう。その場合でもユーザー車検を通す方法があります。それは、ユーザー車検を代行して行なってくれる業者に依頼する方法です。その場合は、法定費用以外に代行代金がプラスされるだけで、その状態であっても通常の車検よりは安く通すことができます。注意しなければならないのは、あくまで車検を代行で通してくれるというだけなので整備不良な点があっても代行業者で修理することはできません。その場合は再度横浜の整備工場に持って行って修理するなどの必要が出てくるので依頼する前には万全の状態にしておきましょう。